交通事故の時の示談交渉はかなり素人には難しいですし、保険会社ははっきり親切ではありません。体験談などで紹介します。

交通事故の示談など体験談。事故経験者だからこそわかること。

交通事故体験談

だろう運転で交通事故!運転手は状況だけで判断してはいけない

投稿日:

交差点で相手の方向指示器を信じた結果衝突

交差点で左折しようと待っていると、右から来た車が自分がいる道に曲がるかのごとく方向指示器を点滅させました。

皆さんならこの状況でどうしますか?

状況としては、自分がいた道は細く、先にこちらが左折してあげないと入ってこられないような道幅です。

相手の軽トラックは、こちらから見て右方向から走行してきて、自分がいる道に入って来るかのごとく方向指示器を点滅させています。

相手が走る道路の方が道幅は広く、私がきた道は幅の小さい道路です。

当然、相手の道路が優先道路という状況もわかっておりました。

しかし、私は幅の狭い道路から交差点で左折をしたい。

相手の軽トラックは方向指示器で左折をする合図をしている。

軽トラックは私のいる道路に侵入するものだろう!

この状況なら多くの方が相手の車は左折して来ると思うのではないでしょうか。

私自身もそう思い込んだのです。

私は軽トラックが私の方へと曲がって来る前に先に左折しなければならないと思い、左折しようと前進しました。

その時です。

軽トラックは方向指示器を点滅させて私の方へと曲がる合図をしているにもかかわらず、曲がることなく直進してきたのです。

ガシャン!

私が運転していた車の右前方部と軽トラックの左前方部が衝突してしまいました。

は?なんで?曲がるんじゃないの?

私の頭は疑問だらけでした。

車から降りて相手の方に事情を聞いてみると、軽トラックの運転手は自分の車が方向指示器を点滅させていることさえ分かっていなかったのです。

考え事をしており、知らない間にウインカーを出してしまっていたのだろう、とのことでした。

曲がるつもりはなく、直進するつもりだったとのことでした。

私の勝手な思い込みだったのです。

何てことだ!心の中で叫びました。

事故に遭ったことを後悔しましたが、後悔先に立たずです。

幸い、お互いに怪我はなく、私の車と相手の軽トラックだけが破損した程度で、他の車や人を巻き込むことはありませんでした。

その後、保険会社を経由して事故処理を行う手続きをすることになったのです。

どんな状況でも優先道路のほうが有利!だろう運転の危険性

事故を起こした直後、すぐに警察を呼びました。

その際、私は相手の軽トラックが方向指示器を出していたことを必死に訴えました。

私としては、方向指示器を点滅させていた軽トラックの運転手の方が絶対に悪いと思っていたのです。

警察ではどちらが悪い、という判断はできないということでした。

単にどのような状況で事故が起きたかを把握するだけです、という話でした。

あとは保険会社を使うなどしてお互いでやってください、と。

その後、私と軽トラックの運転手はお互いの自動車保険会社に連絡し、事故時の状況について詳しく話しました。

私は、保険会社に対しても相手が方向指示器を点滅させていた事実を必死に訴えました。

しかし、私のほうが不利になるとの回答でした。

納得できない私に対して保険会社からの説明は単純なものでした。

理由は、相手の軽トラックが走っていた道路が優先道路であるため。

いくら方向指示器を点滅させていたとしても、優先道路を走っていたほうが有利になるため、6対4程度の比率にて私の方に多く責任がある、とのことでした。

その回答に納得するしかありませんでした。

方向指示器を点滅させている車は必ず左折するだろう、というのは単なる私の思い込みなのですから。

思い込みで私が自車を左折させたことで起きた事故だと言われればその通りです。

今となっては反省しています。

また、今回の事故によって、だろう運転の危険性を知ることができました。

相手が方向指示器を出していようが曲がって来るまでは勝手な判断で行動を起こしてはいけません。

当たり前にように、〜だろうと判断して車を運転している方は私以外にも多くいると思います。

だろう運転は絶対にしない方がいいです。

皆さんも気をつけてくださいね。

-交通事故体験談

Copyright© 交通事故の示談など体験談。事故経験者だからこそわかること。 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.