交通事故の時の示談交渉はかなり素人には難しいですし、保険会社ははっきり親切ではありません。体験談などで紹介します。

交通事故の示談など体験談。事故経験者だからこそわかること。

交通事故体験談

交通事故後の示談交渉で後悔せずに済んだのは弁護士のおかげ

投稿日:

過失0を主張すると保険会社のサポートが受けられない事実

交通事故に巻き込まれたのが初めての私。
右も左もわからず、ただ、軽いむち打ち程度の怪我をしたので通院を始めました。
整形外科へ行くと、交通事故なら保険証を使わず自己負担で支払った方がいい、という事を言われたのです。

どういう意味かはわかりませんでしたが、言われた通りにしました。
そして、自分の加入している任意保険会社の担当者に診察した旨を伝えると、病院とは異なり「健康保険で診察してください」と言われたのです。

その理由を教えてはくれましたが、難しい言葉で説明されてしまい、何がどう違うのかさっぱり分かりませんでした。

自分でもネットなどで調べてみましたが、どれも難しいことばかりでよく分かりませんでした。

中には、「健康保険は使わない方がいい」という記載も見受けられ、一体何を信じたらいいのかさえ分からなくなったのです。

さらに、その後も保険会社とのやりとりでは不信感を抱くことが続きました。

私の場合、スーパーの駐車場での事故でした。
駐車スペースがないかとゆっくり走行していると、突然駐車していた車が私の車が来ることに気づかず飛び出してきたのです。

ぶつかった場所は私の車の前のタイヤ部分でした。
相手の方は慌てて車から降りてきて、「すみません、右しか見ていませんでした」と私に謝りました。

自分の進行方向のみを見ていたため、左から来ていた私の車の存在に気付かなかったわけです。

怪我は大したことはありませんでしたが、私の車はタイヤの骨組みが曲がってしまい、そのままレッカーとなりました。

一応、警察を呼び、人身事故として処理をしたのです。
そして、相手の方は全て賠償します、と言うことで、私は当然だと思い特にギクシャクすることもなく話は済みました。

その後のことに関しては、互いの保険会社同士で進めてもらう、ということで事故現場を後にしたのです。

私も自身が加入している保険会社に連絡をして、事故にあった旨を伝えました。
担当者からは、「過失はどうお考えですか?」と聞かれたため、「私には過失はありません」と回答。

すると、「過失がないと主張される場合には示談の代行ができません。」と一言。
理由を聞くと、「そういう決まりですから」とだけ言われました。

私も後から知ったことですが、100:0の事故の場合、被害者の方は自分の保険会社のサポートを受けられないのです。
そのため、加害者側の保険会社とのやり取りは全て自分でやることになります。

仕方ないとは納得しましたが、ただ、保険会社の対応には腹が立ちました。
こちらは初めての交通事故で動揺しているのに、何一つケアすることなく事務的な対応をされたことに頭にきたのです。

そうは言っても決まりは決まり。
文句も言わず仕方ないと割り切って、自分で相手の保険会社と示談を進めることにしました。

しかし、ここからが本当の悲劇でした。
まさかここまで精神的な苦痛を受けるとは思ってもみなかったのです。

もっと早く弁護士にお願いすれば良かったと後から反省

相手の保険会社から電話があり、こちらには過失がない旨を伝え、相手の方もそれで納得している事を伝えました。
すると、あなたの方も動いていたのですよね?
「はい」と答えると、自動車事故の場合、動いているケースでは過失が0になることはないのです、と言ってきたのです。

私は、通常のケースがどうかは知りません。
しかし、今回のケースでは相手の方が全て賠償することに納得されていますよね?と反論しました。

「いや、加害者の方は過失8とおっしゃっています」というのです。
話がおかしいと思い、私は加害者に直接電話しました。

すると、保険会社の人に今回のケースは相手も動いているのだから過失は0ではない、という説明を受けたと。

保険会社が入れ知恵をしたことがわかりました。
私は加害者本人に再度確認しました。
「では、全額負担する気は無いということですか?」
「いえ、私が悪いので全額負担します」

この話を保険会社にしたところ、「私どものほうでは2対8での示談を考えています」というのです。

全く話が前に進まない状態になりました。
しかも、初めて事故のやり取りをしてみて分かったことですが、怪我の治療費等のことは人身の担当の人、車の修理のことに関しては物損の担当の人で分かれているため、それぞれに対して説明をしなくてはいけないのです。

それに、保険会社は平日のみの営業で、夕方5時までしか対応してくれません。
私は仕事をしていたので、合間に電話するしかありませんでした。

ですが、電話してもいつも担当者は会議やら研修とかに出ていて不在でした。
「折り返しさせます」と言われてしまい、一度の連絡では用を済ますことができないのです。

逆に、相手はこちらが仕事中でも御構い無しにバンバンと電話をしてくる始末。

さらに、人身の担当の人と話したついでに車の方について聞きたくても、「車のほうは車の担当のものでないとわかりません」と、柔軟に対応してくれることもありません。

とにかく面倒ですし、いつまでたっても過失割合の折り合いも全くつかず、解決ができない状態のまま月日が経ってしまったのです。

その間、事故のことが頭から離れず憂鬱でしたし、対応の悪さにイライラして本当に精神的に参った状態でした。

この状況を打開する方法は、一つだけでした。
私の代わりになって交渉してくれる弁護士にお願いするしかないと。
幸い、私は弁護士特約を付けていたので費用がかからず弁護士に依頼することが可能でした。

ただ、弁護士にお願いするほどのことでもないと思い、それまでは活用できずにいたのです。

ついに勇気を出して弁護士に相談し依頼をしました。
今までの面倒なやり取りが嘘だったかのように煩わしさがなくなりました。
また、弁護士が入ったことで、あれだけ話しても折り合いがつかなかった過失のこともあっという間に解決。

相手の過失が10として示談交渉がまとまったのです。
こんなにスムーズに解決できるなら、さっさと弁護士にお願いしておけばよかったと後悔しました。

私の場合、本来なら自分の味方になってくれるはずの自分の保険会社もあてにはできず、何か聞きたいことがあっても対応が悪く、正直頼れる人がいませんでした。

そんな状況で交通事故のプロである相手の保険会社とのやり取りは苦痛でしかなく、もううんざりでした。

仮に自分の保険会社がサポートしてくれていたとしても、頼れる存在になったかどうかは分かりません。

今回のことで、交通事故にあった場合に本当に頼れる存在は自分で見つけるしかなく、それが弁護士だと感じました。

-交通事故体験談

Copyright© 交通事故の示談など体験談。事故経験者だからこそわかること。 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.